関東

箱根強羅温泉 季の湯 雪月花(ときのゆ せつげつか)宿泊記 <3終> ー食事・まとめー

箱根強羅温泉 季の湯 雪月花

箱根強羅温泉 季の湯 雪月花(ときのゆ せつげつか)の宿泊記です。初めから見るにはこちら→その1 

お宿の楽しみと言えば食事。
雪月花さんではどんなものが出たのかご紹介します。
※2019年11月の食事の様子です。時期・プランなどによって食事は異なりますので一例としてご覧ください。

雪月花の夕食「花鳥 秋の鍋料理会席」

食事の時間

夕食の時間は前半17:30〜 後半20:00〜の二部制。
(後半を選ぶと、「宿泊記 <2>」に記載した桜茶屋でのおしのぎという軽食を頂けます)

私たちは前半を選択。ちょっとした理由があるので、それは後でご紹介。

秋の鍋料理会席

箱根強羅温泉 季の湯 雪月花

私たちが頂いたプランは鍋料理のプランでした。

着席時には先付と前菜が置かれていて、食前酒を頂いてから食しました。

箱根強羅温泉 季の湯 雪月花

お造りは彩りよく、見た目も楽しめました。

箱根強羅温泉 季の湯 雪月花

こちらは揚げ物。

箱根強羅温泉 季の湯 雪月花

卓上の一人鍋にこちらの食材を入れて頂くスタイル。

箱根強羅温泉 季の湯 雪月花

アイスとアゼロラのジュレ。ジュレのなかにはイチジクやブルーベリーなどのフルーツが入っていました。

夕食の感想と補足

食事の内容としては、見た目が可愛らしく、量も程よい量でおしゃべりをしながら頂くのにもってこいの形でした。

飲み放題を別料金でつけることが出来るので、お酒を頂きながら、友人たちと、また家族とで談笑しながらゆったりとした時間を過ごすのに最適化と思います。

ちなみに、私たちは選ばなかったのですが、和牛しゃぶしゃぶと寿司・天婦羅のプランもあります。

夜の楽しみ「夜鳴きそば」

食事を前半にした理由がこれ。

22時頃に夜の楽しみとしてこんなものが頂けます。

箱根強羅温泉 季の湯 雪月花

半玉のラーメン!

早めに夕食にして、お風呂に行って、少しゆっくりしたところで頂ける・・・。
ちょっとした罪悪感も感じつつ、旅だし良いかと頂いちゃいます。あー、幸せ。

そしてさらに・・

箱根強羅温泉 季の湯 雪月花

こんなものまでありました。お汁粉です。
夜の甘いもの・・。何たる誘惑。もちろん頂きました。

あと、もう一つ、大人の嬉しいものもありました。行っての楽しみの方が良いと思うので、ここでは伏せておきます!
ラーメン以外の物は事前にどこかに予告はされておらず、いつもあるのか分からないので、実際に行って確かめてくださいね。

雪月花の朝食

朝もご馳走。和食朝食です。

箱根強羅温泉 季の湯 雪月花お魚を中心としたお食事です。

箱根強羅温泉 季の湯 雪月花

嬉しかったのは、みそ汁が卓上で温めて食べることが出来たこと。
アツアツのみそ汁は何物にも代えがたい。
写真には入っていませんが、ご飯はおひつで持って来ていただきました。

自動販売機での取り扱い商品

お食事以外にお部屋で少し飲んだり食べたりしたいなぁ、という方は売店・自販機を利用することが出来ます。

箱根強羅温泉 季の湯 雪月花

自販機はお酒やソフトドリンクのある自販機が二つ(キリンとアサヒ)、それからアイスクリームの自販機、さらにタバコを売っているものがありました。

宿の立地と周辺施設

宿の周辺の環境について、書き忘れていたのでここに。

箱根登山鉄道の強羅駅から徒歩1分という場所にあるこちらの宿。
東京方面からもとてもアクセスも抜群。

周辺には徒歩圏内に美術館やカフェ、公園もあります。
テレビでもよく取り上げられる田むら銀かつ亭も徒歩圏内です。

車で行っても駐車場は敷地内にかなりの台数がとめられ、また、少し離れた場所にも駐車場があるようでした。

車で行った私たちは、帰りに箱根神社や御殿場アウトレットに寄りましたよ。

箱根強羅温泉 季の湯 雪月花に泊まってみて

長々と宿泊記を書いてきましたが、それはこのお宿をとても気に入ったから。

何が良かったかって、ちょうどよさ

過剰なお世話も、はち切れるほどの量のお料理も特に必要なく、家族と、友人とのんびりとした時間を味わいたいときに、背伸びせずに利用できるお宿だというのが一番の感想です。

ゆっくりとした時間を過ごせました。ありがとう「箱根強羅温泉 季の湯 雪月花」

ABOUT ME
みっぴ
1978年生まれ。東海地方在住。 メダカと多肉植物に囲まれた生活をしています。