多肉植物

<多肉植物>胴切りから1か月。現在の子株の発生状況をお伝えします。

2021年3月に行った、春の多肉植物胴切り大会から一カ月ちょっとが過ぎました。

その後の親株の様子をお届けしたいと思います。

それぞれ子株が出始めています。
このくらいもりもり出ている子や1つだけ出たものそれぞれありました。

現在のところ、1つもでなかったという子が1つだけありました。アマビレです。
まだ、出る可能性が全くないわけでないので様子を見ていきたいと思います。

出たものの中でも成長は様々で、いい感じに大きくなってきているものもあれば、まだ芽の段階でちーっちゃいものもあります。

ろくに遮光をしていなかった中、親葉が焦げたものもありましたが、気持ち悪いくらい(失礼)出てくれている子もいます(笑)

お気に入りのももりんもたくさん子株が出てきてくれました。やっと保険株が出来る~♪

ブログでカットした様子をお伝えしていた七福美尼はもう子株外せそう。まぁ、カット前から子株出てましたからね。この子はほかの子とは違う速度で育ちますよ。

カットした時の記事
胴切り大会は続く。購入したばかりの七福美尼をカット。その他の株も切りました。

 

カットした頭の方ですが、現在頑張って根をだしてくれています。

もうすでに頭を触っても動かないくらいになってくれている子もいれば、まだぐらぐらの子もいます。
全体的にちょっと水やりをしながら根をだすのを促しているところです。

というわけで、今回は春の胴切りのその後の様子でした。

日々の多肉の様子をtwitterでお伝えしております。

その時々に気を付けていることや失敗したこと、作業内容や写真など。
多肉アカではないのですが、ほとんど多肉の話ばかりしています。

お気軽にフォローしてくださいね。
みっぴ@mippi555

ブログ内の多肉や庭の記事はこちらからご覧ください。
https://hibi-no-kurashi.com/category/garden/

ABOUT ME
みっぴ
1978年生まれ。東海地方在住。 メダカと多肉植物に囲まれた生活をしています。