世界の料理を食べに行く!『スリランカ料理』スパイシービストロタップロボーン 門前仲町店

SPONSORED LINK

親友と食事に行くとき、二人とも食べたがるのが「世界の各国料理」。世界の味が日本にいながらして食べれるなんて、素敵!という訳。

ここ半年くらいの間に行ったところは、ちゃんと写真を撮っていたのに未公開だったなぁ、と思って思いつきで「世界の料理を食べに行く!」シリーズを始めたいと思います。

富岡八幡宮の門前町、門前仲町にある『スリランカ料理』

東京都江東区門前仲町。富岡八幡宮の門前町であるこの町は、銀座などからそう離れていないというのに、下町情緒があります。民家もありつつ、都会の便利さも存分に味わえる私も大好きな街。

最寄りの駅は東京メトロ東西線・都営地下鉄大江戸線門前仲町駅。3番出口をでてすぐ、徒歩1~2分でつくビルの2階に「スリランカ料理」のお店があります。

お店のDATA(2017年10月時点)

店名: スパイシービストロタップロボーン 門前仲町店
住所: 東京都江東区門前仲町1-7-5 シドコミュニケーションビル 2F
電話番号: 03-3820-1225
営業時間: ランチ 11:30~15:00(L.O.15:00) ディナー  17:30~23:00(L.O.22:30)
定休日: 月曜
公式ページ: http://taprobane.info/
姉妹店:南青山本店: 東京都 港区南青山2丁目2-15 ウィン青山1F

お店はカウンター席が少しと、テーブル席が30席ほど。そんなに大きいお店ではないですが、気さくな雰囲気を感じました。

私たちがお店に入ってみると、おそらくスタッフさんのお子さんがお勉強をしているのが見え、その向こうからお母さんらしいスタッフさん(たぶんスリランカ人の方)が「お好きなお席にどうぞ」といった感じで笑顔で声をかけてくださいました。

スパイシービストロタップロボーン おすすめメニューはコレ。

私たちがお店に行ったのは、ランチタイム。ランチのメニューはワンプレートのライスやスリランカのお弁当、それからカレーランチがありました。
スパイシービストロタップロボーン メニューページ

アーユルヴェーダ・ワンプレート

私がオーダーしたのは「アーユルヴェーダ・ワンプレート(サラダ付¥1,080)」です。

スリランカの家庭で食べられる、香辛料の効いたライスとカレーの載ったプレートです。1つ一つのアイテムの内容を聞かなかったので、あっているかわからないのですが、私が調べたことと舌で感じたことをご紹介。

ご飯の上にのっているものは、餃子の皮を揚げたような感じの物。スリランカのおせんべいのような存在の様子(おそらくパパダムという名前)。
カレーは2種類。左がダルカレーで、右がチキンカレー(だったかな、たぶん。)。
その他に、スリランカではフリカケのような扱いでたべられる青菜の炒め物といったラインナップ。
写真のダルカレーと青菜の間にあるものが、最後まで何なのか判別できずに「なんだろう、これ・・」といいながらおいしく食べました。

おそらくなのですが、ワンプレートの中身はその日によって違うのではと思います。公式サイトに載っている写真とは違う内容だったので。スリランカの家庭でも、お母さんがその日の体調などを判断してプレートをつくるんだそうですので、このお店もそんな感じで作っているのかもしれませんね。

食べ方は『1.目で楽しむ 2.香りで楽しむ 3.よく混ぜて楽しむ』とのこと。混ぜるといっても、「全部を混ぜるのはスリランカでは縁起が良くない食べ方」ということで、少しずつを混ぜて食べます。手で混ぜるのが本当ですが、スプーン・フォークも置いてあるのでそちらを使っても大丈夫なようでした。

お味はというと、スパイシーさを感じながらも、強い刺激があるわけではなく、日本人でも問題なく受け入れられるようなお味。酸味も辛みも感じられ、ココナッツが入っていたりとアジアンテイストが味わえました。インディカ米がカレーの味を吸って、やはりその国の味にあったお米だなぁ、とも感じました。

ランプライス

友人がオーダーしたのは『ランプライス(ゆで卵付¥1,500)』。

こんな感じでバナナの葉に包まれて出てきます。バナナの葉は、少しあぶって香りを出し、その上にご飯や、ご飯に混ぜて食べるようなものをたくさん盛り付け、蒸してあるんだそう。スリランカではお弁当として出されるのだそうで、お店ではお持ち帰りもできます。

バナナの葉をあけるとこんなかんじ。いろいろなものが混ざっていますね。ワンプレートに入っていたものより、具材は多そう。「ゆで卵付」ってかいてあるけど、あったかなぁ?なんておもっていたら、真ん中に「ゆで卵を揚げたもの」がありますね。たぶんこれのコトでした。

友人の話では、香辛料が効いていて、結構スパイシーな部分と、甘めのもの、酸っぱめのものなどたくさん入っていたとのことでした。こっちもおいしそうですね。

まとめ

今日は、東京都江東区門前仲町にある、スパイシービストロタップロボーン 門前仲町店 というスリランカ料理のお店をご紹介しました。駅からも近く、富岡八幡宮にお参りに行った際にも気軽に立ち寄れそうですね。テレビにも出たことがあるそうで、人気のお店だそうですよ。

私がお店で重要視するのは、お味のほかに、スタッフさんの笑顔。このお店は、それは両方とも花丸でした。とてもいい雰囲気でした。娘さんが、レジのお手伝いをしていて可愛かったなぁ~

ちなみになんですが、門前仲町は、サードウェーブコーヒーで盛り上がっている清澄白河まで1駅の場所。少し頑張れば、歩いても行けちゃいます。
私たちは、ここで食事をした後、ブルーボトルコーヒーに移動しました。

やっぱりお客さんがたくさんいましたよ。うちの近くにもできたらいいのになぁ。

SPONSORED LINK

ABOUTこの記事をかいた人

1978年生まれ。 関東で育ち、東海地方在住。 DIY好きの夫と二人暮らし。 食べることとスポーツ観戦が心から好き。 フットワーク軽い、おねーちゃんです。