IHの焦げ・汚れを手軽に落とす方法を二つ【写真付きで解説】

SPONSORED LINK

毎日料理をしていると、汚れがちなのがコンロ。
ウチはIHなのですが、吹きこぼれをさせてしまったりして、IH焦げてついてしまうことがあります。

IHの焦げ付きって、ほっておくと段々悪化していき、落としにくくなるもの。
小さい汚れでも、料理をするときに汚れも加熱されて、広がっていきます。焦げが汚れを呼ぶ(涙)

ですので、まめに掃除をしたいということで、手軽に簡単に掃除する方法を2つご紹介します。

IHの焦げ付きを落とす方法<1>サランナップ+液体クレンザー

用意するもの:
液体のクリームクレンザー・・・ジフが手軽に使えておすすめ
食品用ラップフィルム・・・汚れが付いていなければ、捨てる前のラップでOK。アルミホイルでもOK。

この二つを用意。

IHのガラス面に直接クレンザーをつけて

ラップでくるくる擦ります。そんなに力を入れずにクルクルしましょう。

そのあと、クレンザーを拭き取るとこんな感じに。

赤い枠のあたりがジフを使用したところ。簡単できれいに落ちます。

この方法は、強めの汚れでもしっかり取れます。

ただ、クレンザーをふき取るときに、ペーパーやフキンを使用し、汚れものが出るのが気になります。
また、手荒れが気になる方はゴム手袋をしないとダメですね。私には手袋必須。
若干のめんどくささも感じます。

IHの焦げ付きを落とす方法<2>スコッチブライト ガスコンロ・IHクリーナー

もう少し手軽にと考えたときに、見つけたのがこれ。

3Mから出ている「スコッチブライト ガスコンロ・IHクリーナー」です。4個入り。

分けると1つが細かいところを掃除しやすそうな形になっています。厚みは薄目。力が伝わりやすいですね。

ピンクの面がスポンジ。

裏面が不織布でできています。
この不織布には活性炭粒子が付いていて、これが油と相性が良く汚れを吸着してくれます。

この不織布、ガラス面よりも柔らかい素材でなっているため、擦ってもガラス面を傷つけることはありません。

使用方法は、クリーナーに水を含ませて擦るだけ。

こんな感じにクルクルこすっていき、水をふきとると

こんなにキレイになりました。

このクリーナーの良いところは、手軽に拭き取りができること。
使用するのが水だけなので、手袋もいりません。

クリーナーが一つ手元にあれば、汚れたら少し擦ればいいので、汚れがひどくならなくて済みます。楽♪
もし、水で取れない場合は、洗剤をつけて使うことも出来ます。

ちなみに、少し前にコストコで大容量パックをみつけました。

先週行った時には見かけなかったように思うので、常にあるものではないのかなと思います。
アマゾンでの販売もかなり安いので、コストコで買うことにこだわらなくてもいいかも。

ガスコンロにも使えますが、フッ素加工されたものや人工大理石などには使えませんのでその点だけ注意してください。

SPONSORED LINK