沼津にある沼津港飲食店街には、おいしいものがたくさんあった!

沼津港
SPONSORED LINK

少し前にテレビで特集されていた沼津港と、周辺の飲食店街。たくさんのお店があるようで楽しそう。とても気になっていたので、先日行って来ました。

沼津港とは

沼津港の場所

静岡県の東部、伊豆半島の付け根にある沼津市。東京からだと新幹線で三島まで行ってJR東海道線に乗り換える形で1時間程度。車だと東名沼津ICより約20~30分くらいといった場所にあります。

沼津港の特色

沼津魚市場は近海沿岸の漁場として有名で、伊豆近海・駿河湾で漁獲されるカツオ・サバ・アジ等の水揚げが多い場所。
水揚げ量は、静岡県では2位とのこと(Wikipediaによる)。

この近海の駿河湾が「日本一深い湾」であることから、「沼津港深海水族館シーラカンス・ミュージアム」があることでも知られています。

沼津魚市場はINO(イーノ)という名前が付いており、そこでは、朝早く(5時45分~7時頃)セリが行われています。施設の2階の見学通路からは卸売場のセリの様子を見学することもできますよ。

沼津港飲食店街とは

沼津港飲食店街

沼津港と接する形で広がっているのが沼津港飲食店街
新鮮な魚や干物の販売はもちろんのこと、その場でおいしいお魚が食べれるお店が立ち並んでいます。その数70店以上
静岡ということもあって、お茶などを扱うお店もあったり、お土産になるような商品も売っています。

それでは、ここからは実際に行ってみた感想を含めてご紹介していきたいと思います。

沼津港飲食店街は新鮮でおいしいお店がたくさん!

沼津港飲食店街でたくさんみられたのが、こうやってお魚を売っている風景。お魚がかごに乗せられていて、「1カゴいくら」という形で売られているのをよく見ました。
購入の際は保冷剤などもしっかり入れてくれます。
ご旅行で買うのにはちょっと・・という方は、加工品(カマボコ・さきいか・塩辛etc.)なども販売されていましたよ。私も買った!

海女の台所-海女小屋BBQ-

干物をすぐに食べたい!と思ったあなたにオススメなのが、「海女の台所」さん。こちらは浜焼きBBQ・漁師めし食堂・干物専門店・旨いもの屋台・お土産処からなる専門店の複合施設となっています。

この写真は、「海女小屋BBQ」。海老や魚介・魚貝類などを、自分でBBQをして食べれます。好きなものを、好きな量だけ頼んで自分で焼いて食べるスタイル(食べ放題ではないです)。

海女小屋BBQ

お店の人曰く「貝一つからもOK」「見学だけでもしていってね」とのことなので、気軽に楽しくたべれそうですね。
こちらはお店の方がとてもやさしいので、焼き方など聞いてみるといいかもしれません。

沼津浜焼きセンター 海女小屋

沼津港

同じく焼いて食べる系で看板が目立っていたのがこのお店。食べ放題だそうです。
海女さんのカッコをしたスタッフさんがいるそうです。
食べログによると、80分食べ放題+ソフトドリンク飲み放題 2980円(税込3,218円)。
食べログ:沼津浜焼きセンター 海女小屋

魚河岸 丸天

人がたくさんいたので、気になったのが「魚河岸 丸天」さん。朝7:00から営業されているそうなので、朝のセリを見た後にも立ち寄れますね。
昭和41年創業のお店です。

沢山人が並んでいたので、今回は寄らなかったのですが、ブリのかぶと煮がとてもおいしそうでした。
上の方にディスプレイされている、海鮮かき揚げもなかなかすごいですね。

魚河岸丸天

沼津の回転寿司活けいけ丸

お寿司を手軽に食べられるのが回転寿司。「活けいけ丸」さんも人が入っていました。
お値打ちなものから、豪華にもりもりの商品もあるようなので、こういったところもいいですね。

沼津の回転寿司活けいけ丸

沼津バーガー

すごく気になったのが、「沼津バーガー」。「深海魚バーガー」と書いてあって「!?」と思ったのですが、メニューを見るとこんな感じでした。

結構本格派バーガーの様子。サメバーガーとか、金目鯛バーガーとか、なかなか豪快ですよね。

アイスも「朝霧高原」の牛乳を使っているようで、美味しそうですね。
サイドメニューの「イカタコナゲット」が食べたかったです。

食べログ 沼津バーガー

どんむす

で、実際私たちが入ったのはどこかというと、このお店。「どんむす」というお店です。

お店は、どんぶりや定食を扱っています。

壁にたくさんのメニューが張ってありました。

平日ですと、お得なランチメニューがあります。

これが、平日のランチメニューの「どんむすランチ」。980円。右上は取り皿。取り皿があるのはうれしいですね。

半分は海鮮丼。
海老が大きい!

半分は天丼が味わえます。両方食べれるなんて、幸せですね。

寒ブリのゴマ醤油丼。1580円。冬季限定の商品です。
お出汁がついてきて、お茶漬けにもできます。夫は喜んで食べていました。

沼津港のアクセス・駐車場

沼津港へは電車だとJR東海道本線、沼津駅南口よりバスで約10分。車だと、東名沼津I.Cより車で約25分(交通渋滞によるので参考まで)。
車で行くときは「沼津港INO(イーノ)」という看板をたどるとよいと思います。

沼津市観光WEBで交通について詳しく紹介されているので、これを参考にされるとよいとおもいます。
沼津市観光WEB-交通アクセス

駐車場に関しては、沼津港のWEBがわかりやすいです。
駐車場のご案内|ぬまづみなと

INO(イーノ)前の無料駐車場

今回、私たちはイーノ前の無料駐車場に止めることが出来ましたが、枠があるわけでなく、来た順に適度に並べて止めているといった印象でした。
土日は、この周辺全体混むようですので、注意が必要かもしれません。

沼津観光と合わせていくなら

いくつかパターンとして考えられるかと思いますが、今回私たちが組み合わせたのはここ。

御殿場アウトレット

御殿場アウトレット

今回組み合わせていったのは「御殿場アウトレット」です。
規模が大きいし、富士山はみえるし、最高のアウトレットですよね。楽しく買い物をしました。
ただ、ご覧のように、人はすごいです。駐車場を入るのも、出るのもけっこう混雑します。

沼津港からは沼津IC経由で東名高速にのり御殿場ICで降ります。一般道でも行けるのですが(私たちは一般道で行った)、山の中を通るので少し時間がかかりました。

沼津港 まとめ

今日は沼津港をご紹介いたしました。いかがだったでしょうか。
ここは、またぜひ行きたいと思っています。その時はまたレポートしますね!
<参考リンク>
ぬまづみなと
沼津市観光WEB

SPONSORED LINK