両親の身体のために、靴を一度見直そう「アシックス ライフウォーカー」

アシックス ライウォーカー
SPONSORED LINK

先日、ご近所のおばさまが、向こうから歩いてきたので、挨拶をしようとしたら、少し違和感を感じまして。
声をかけたら、手を骨折したんだとか。
「年取ると、足腰が悪くなってね。なんてことはない段差に躓いて・・」とのこと。
お大事に、と言って別れたのですが、義母にも、うちの母にも思い当たる節が。

シニア世代になると、どうしても、筋力の衰えがあったり、関節が弱くなったり、ということが多くあります。
お散歩や、お買い物を楽しみたいときでも、ふらついたり、足が上がりにくくなったりするようです。

そういう時に、自然にサポートしてくれるという商品が【ASICS】 アシックスさんにありました。

足にやさしい工夫がいっぱい!アシックスのライフウォーカー

アシックス ライウォーカー
<レディス>ライフウォ-カ-307(W) 価格5800円(税別)

サイズは21.5~25.0cmでの展開。
こちらはレディスの商品。
(メンズにも似たデザインで「ライフウォーカー101」という商品があります。)

見た目ですぐにわかる特徴は、面ファスナーになっていて、ロゴの入っている部分を引くと、甲の部分が大きく開く仕組みになっています。
シニア世代には、「紐を結ぶのも大変」という方もいらっしゃいますので、これはいい工夫と思います。

アシックス ライウォーカー

横から見ると、つま先の部分が少し上がっています。
これが、躓きにくくする工夫のひとつ。
何もないところで転ぶのは、つま先が引っ掛かりやすいからなので、それを防ごうということですね。

それから、かかと部分も少し上がっています。
これは、着地するときに安定性を持たせるためなんだとか。

アシックス ライウォーカー

ソールの部分をみると、何やらたくさんの工夫が。

まず、つま先には引っかかりにくい樹脂パーツが。
これも躓きやすさを解消する工夫。

足の内側と外側でかかる力が違うのを考慮し、ソールも内側と外側で厚みを変え、小指側を厚くし、バランスを取りやすくしてあるとか。

また、ソールのなかで、3点を支点にして足にかかる力を分散しているんですって。

ちなみに、こちら、体操や室内の軽運動にも対応しているそう。
いま、シニア世代の方、スポーツジムによく通ってらっしゃいますから、そちらで使うのにちょうどよさそうですね。

外反母趾の方にお勧め!ライフウォーカー400

元々、女性は男性に比べて筋力が弱いので外反母趾の方が多いそう。
うちの義母も、その一人。
この間、見せてもらって驚いたんですよね。
歩くときに、普通の靴だと痛いのだそう。
加齢でも進行しやすいとか。

それが気になっていたので、アシックスさんに聞いてみたところ、こんな商品があるそう。

アシックス ライウォーカー

ライフウォーカー 400(W) 価格7500円(税別)

サイズ 21.5cm~25cm

全体的な素材はとても柔らかく、足を入れたときにも優しい設計。
甲の部分は一部ゴム素材になっていて、スリッポンの形。履きやすいようになっています。
お色もこの写真のグレーベージュのほかに、ベージュとブラックの3種類。
お出かけにも使えそうですね。

外反母趾の方は、かかとが内側に倒れ、親指の付け根に体重がかかりやすく、痛みが発生しやすいのだとか。
なので、それをサポートするためにインナーソールに一工夫。

アシックス ライウォーカー

裏側をみると、紫の素材が付いています。
こちらがかかとの内倒れを抑えるクッション。
母趾に負担がかかりにくいようになっています。

全体も立体的な形状で、足をしっかりとサポートしてくれるんですって!

こういった商品があるのですね。
とても今回参考になりました。

まとめ

アシックスといえば、若い人が買うイメージだったのですが、シニア世代へ研究もしっかり行われていて、いろいろな商品を開発されているそうです。
今回紹介していないですが、「ひざをサポートする」商品もあるそう。
足の専門家が考えた商品ですので、信頼感が持てますね。

お父様、お母さまが元気ではつらつと過ごしてもらうよう、一度、両親の足のこと、考えてみてあげてくださいね。

ASICS ONLINE STORE アシックスオンラインストア

 

リンクシェア レビュー・アフィリエイト
SPONSORED LINK